そろそろ秋インターンの季節になったから言っとくけどお前らインターンに何しに行くの?(哲学) 



今回は例の最強の本の事をすっとばして個人的な意見を書きました。 

信憑性は皆無に近いので娯楽のつもりでお読みください。











まず ぼくは秋インターンに行ってないんです。 まずその時点で、秋インターンに行ってよかったという利点を知らないのであまり説得力はないです(笑) 


まあ、全部落ちてるんですよ(((´▽`) '`





ごめんな 説得力を最初から皆無にしてしまって






さて、本題に入りましょう。 


世の中に秋インターンの情報溢れてますよね。 












ポジティブなものだと
インターンに行ったほうが企業に目をつけてもらえる、早期選考の情報が入ってくる(イン
ターン√に入ることができる)







逆にネガティブなものだと
この時期のインターンに行っても選考に全く関係ない、インターンより就活資金ためたほうが良くない? インターンwwwww なんの意味があんのwwwww 家でTOEICの勉強でもしとけば??wwwww








などいろいろあります。ネットやら先輩らの情報やら3回生にもなれば色々な情報が色々なルートで入ってくるでしょう。 










でも、一つここで皆さんに覚えておいてもらいたいことがあります。








どれが正しいとか誰も分かんないから





断言できます






だれっっっっっにも、ぜっっっっっったいに その情報正しいとかわかんないから







みんな、就活だからって周りの情報に流されすぎです。 



みんなどうしたの?ツイッターやってるでしょ?
なんか変だなって思ったら釣りかなって思うでしょ?????
大丈夫???しうかつの情報だけ特別視扱いしてない?????





普段ガセネタに踊らされない人たちが、こと就活では様々な情報に振り回されてしまうんです。









冷静になれ。












たしかにこれらの意見たちは間違ってはいないでしょう。




インターン√に入れる企業もあるでしょうし、その会社の内定に近づける可能性も0ではないはずです。


しかしそれと同時に、選考に全く関係ない という可能性も孕んでいます。










そもそもインターンに行ってよかった・意味なかった という先ほどの様々な意見は







行った企業 その人のコミュ力 筆記試験の能力 学歴 周りの環境 選考時の運 選考の難易度 自分以外の選考対象者のレベル その時の人事の気分











パッと思いつくだけでこれだけの要素が絡みに絡み合って インターンに行ってよかった・意味なかった という結論に達しています。




ですので、自分とその情報を発した人と条件が違えば、その情報が自分にとっても有用かどうかは当然変わってきます。

(もちろんこのブログでぼくが言ってることもそうです)



その人の意見が自分にも当てはまるかどうか、それを考えるだけでも一苦労だし、必死に出したその結論の精度はかなり低いものでしょう(これだけの要素を全部推定・仮定しているのですから)










そもそも秋インターンに行って本当に良かったかどうかなんて、来年の“初夏くらいのあなた”にしかわかりません。 就活をがんばって、必死にESや面接をくぐり抜け、内定を取って過去を振り返る余裕ができたときに初めて、「ああぁ……あのとき秋インターンに行ってよかった」そう思うんです。



インターンに行ったから有利になったかどうかは、内定をもらった後の人事との会話でしかわからないものです。
(実際ぼくも冬のしうかつ直前のインターンに参加したことが決め手になったことがありましたが、それが有利になったとわかったのは内定後の人事との話でわかりました。)











そこまで精度の低い“秋インターンが就活に有利かどうか”という情報をモチベーションに任せてあなたはやる気になれますか?








違うだろうと。 








インターンに行く意味は別のところでとるべきだろうと。そう判断するほうが賢明であることがわかります。








※ただし、ほんっっっっっとうに行きたい企業があるならその企業のインターンはぜひ行ってください。 無能さんと同じで僕もそのような企業を作るべきではないと思いますが。









具体的にはインターンでその企業に有利か有利でないかにかかわらず、参加するだけで絶対に得られるもの かつ 今後のしうかつにおいて有利になりそうなもの を目的にするのがいいですね。


そうすればインターンに行くモチベも上がりますし、参加するだけ、参加すればするほどで来年の春から始まるしうかつを有利に運ぶことができます。





ぼくは頭が悪いので、頭のいい皆さんはここで自分で考えて、行動し、インターンに応募してください。 
絶対にぼくより良い結果が待っていると思います。







あまり信憑性はないですが、参考として、僕自身秋インターンに参加する(実際には落ちてるので行ってない)にあたって設定していた目的を言っておきます。


それは











面接を 受ける













これだけでした。






秋のインターン、とくに5daysインターンだと、選考があり、その中で面接を受けれるものが夏に比べたグッっっっっっっっと増えます。





すこしでも 面接  という場所の雰囲気にも慣れたかったし、他のしうかつ生からの情報とかも知りたかったんです。







これ結構おすすめです。 




もはやインターンに落選して参加できなくても目標は達成できますからね、どんどんモチベが上がりますし受けた分だけ面接に強くなれます。
(とくに僕みたいに特定の企業に絶対行きたい というわけでない人にはおすすめです どんどん受けれるので)




ここで受けた面接を 凡人内定戦略(ぜひ買ってね♡)の言う「ひとり反省会」をすることによっていろいろなものを得られます。




これかなり重要な部分なんで覚えておいてくださいね、 ぼくと同じで面接を受けることを目標に設定する人は「ひとり反省会」絶対にしてください。




ひとり反省会については後にブログに書こうと思っています。(思っているだけです)





まあこんな感じです。



僕の意見が参考になるかはわかりませんが(それこそぼくの言った条件があなたに当てはまるかわからないですしね)読んだ方に、この秋以降しうかつの役に立てれば光栄です。


それではこのへんで









へいとん











前回最強の本って茶化した感じで言ったの後悔してるんよね。 そんくらいこの本信仰してるってこと。 






みんなああああああああああ!!!!!!!!!! 元気かなあ!!!!!!!!!!??????????


ぼくは元気です!!!!!!!!!!!!!!!! なぜなら






スプラトゥーンが楽しいから。







めっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ楽しいですねあれ。 



なかなかB帯に上がれなくて本人は苦戦してるのですが、とりあえず楽しくて気付いたらイカしてるだけで一日経ってるとかザラです。













最高の夏休みですね(ニッコリ)











うっせーな!! そうですよ引きこもってますよ!!!


でもこれが僕の夏休み!!! 伝統的なぼくの4年目の夏休み!!!!!













さて、ぼくのことなんてどうでもいいでしょう。前回の最強の就活本の話をしましょうか。





今回の記事のタイトルの通り、前回のちょっと茶化した感じにしたの、後悔してるんです。 




確実にあの本を読んでなかったら、いまもしうかつに苦しんでいると断言できます、そういうレベルに信仰してますね。



その本がこちら






武野光さんの 「凡人内定完全マニュアル」 です。




ちょっとでも興味があるならまじで買って読んでくれ



いやまじで、決心が薄れるまえに買おう???な???




後悔は絶対させへんから、、、な?? 試し読みだけでも……な???純粋に読み物としても面白いで???
















少しだけ露骨にステマをさせて頂きます。





ぼくがこの本と出会ったのは、ゼミの(数少ない)友人からおすすめされて、本屋でパラっと読んでみようかなと手に取ったのがきっかけです。








批判がたくさん飛んできそうな理由ですが



大卒資格が必要な職に就く




という理由だけでぼくは大学に来ていた(そのころはデータサイエンティストになりたかった)ので、就職活動に関しては早いうちから(震えながらもただ実行に移さず)情報を集めることはしていたんです。






だってその目的果たせなかったら大学来た意味なくなるじゃんね?







ですので、そのころにはすでに数冊のしうかつ本を読んで絶望したり自己分析をして過去の自分をry……(察しろ





でもいままで読んできたしうかつ本とはこの本は違いました。 



衝撃




がありましたね。





手に取った瞬間、他のしうかつ本とはまっっっっっったく違う立場で他のしうかつ本とは違って



「考えてみればたしかにそうだわ」



という納得があり、実行してみようとさせる そういう本でした。




ちなみに、名前の通り「「凡人」」に特化しているしうかつ本です。









おっ……とあぶねえ、ステマもこの辺にしときます。 ぜひ買ってくださいね(ニッコリ








ほんとに、ぼくの7億倍わかりやすくおもしろく言ってくれています。






さて、今回もこの辺で終わ……れないですね、この本をおすすめする上で一つ責任を果たさなくてはなりません。





この本を100%、またそれ以上の効力を発揮するためには



必ず実行


しなくてはならないということを言っておかねばなりません。



いいですか ウザいと思いますがもう一度いいますよ?



ぜぇっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっったいに


「「「必ず」」」


実行







してください。


特に高校時代、買っただけで満足してそんなに使っていない参考書がたくさんあった、なんて人は要注意してください。




ここで僕の体験談……を語りたかったんですけど、友人になんか悪い気がしてかけませんでした、、、、


まあ勝手にネガティブな話題を書くのもアレですしね、 今回の記事がほぼ本のリンク貼ってるだけのページになってしまいましたが(((ハハハ











今回本の内容全く触れてなくて笑いました(ニッコリ



次回はこの本で一番大切であると、ぼくが思う部分に自分の意見を付け合わせたようなものを書く予定です。



駄文でしたが、最後まで読んでくださった少数派の皆さんありがとうございました。 賞賛批判日々の鬱憤、お前デレステサークルの幹部の割にイカしかやってなくね? そろそろ音楽紹介しろや などありましたらブログのコメント Twitterでのリプ DMなどしていただければ非常に喜びます泣きます。 拍手もぜひしていただければ幸いです。



ではまた次回、モチベーションだけはあるので早めの更新を心がけます。



ではこのへんで……



へいとん




しうかつ記事を書きたいけどどうやっても”お前何様だよ”ってなるし、それは回避したいけどどうしたらいいか分からんからとりあえずレビュワーという立場を取りたいと思います。 






みんなああああああああああ!!!!!!!!!!!! 元気かなあああああああ????????????????

ぼくは元気です!!!!なぜなら!!!!!!


自室にクーラーが実装されたから!!!!!!!!!


イヤッッホウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!!!!!! 





さて、改めましてへいとんです。 はい、偉そうに就活について記事を書こうとしています。




しかもシリーズで





ほんとに、…………人のことあれこれ言える立場かと言われたらそうでもないので



まあ、 こういう意見もあるのね。 


というスタンスで受け取っていただけると幸いです。














さて、しうかつ記事の最初のシリーズですが、最初に言っておきます。






ぼくの情報を信じるなんて頭がよわいですよ???




まってまって!!!! まだ!!! まだブラウザ閉じるのは早い!!! 時期尚早!!!(最近覚えた)
もうちょっとまって!!
気を悪くしたなら謝るから!!!!











いや別にぼくがしうかつ記事シリーズで嘘を書く、とか

みんなが不利益になるような情報を書く、とかそんなつもりはありません。





むしろ、これを参考によりよい就活を行って、後悔無く就職活動を終えて、(特に自分の知り合いには)社会人になってもぼくと遊んでほしい、という魂胆があるため、そんなことをするメリットなど全くないです。





でもですね、一つだけ言わせてもらうと














(少なくとも就職活動においては)素性の知れない人の言うことを全面的に信じるのは危険な行為ですよ?








ネットで情報を集める時に、誰が発信してる情報かって非常に真偽を判断するのに大事ですし、ぼくは少なくとも(就職活動については)素性の知れない人です。




ヤバイです。 



もし全面的に信じようとしている人がいたらその人ヤバイです。




でもこの文を書いていて一つ気づいたんですよ。

















僕の立場の方がやばくね?








これから書くしうかつシリーズについてそれなりの説得力を持たせなくちゃならんのにこの立場やばくね???

誰も読む価値ねえじゃん???






かと言って僕も素性を晒すわけにはいけないんですよねえ……


細かに言って万が一特定されたらまずいし。







考えに考えて血が出そうになりながらぼくがだした結論はこちら









ぼくが就職活動について参考にしていた最強の就活本を紹介する。

             ↓


それを実際に行動して、実際に効果が得られた人という立場から実際やってみてどうだったああだったとコメントする。






こういう立場を取りたいと思います。





なんやねんいきなり最強の就活本ってwwwwwwwwwwwww



ってなりますよね、わかります。 




最強wwwwwwwwwwwお前頭悪そうwwwwwwwwwwwww



ってなりますよね、ほっといてくれ。






この最強の就活本はぼくの就活の基本方針にしていたもので、この本がなければぼくの就職活動は180度違っていただろうと断言できるものです。




とりあえずの実績として、この本を勧めて実際に実行した人は、就職活動はそこそこ満足して終わることができた(結果を残している)という事実があります。




ぼくが後輩たちに言いたいことって、まとめたら






そこそこの人から支持をうけてるいい就活本があるよ! この通りにやったらまず大失敗にはならないよ!  




ってことだけなんですよね。







ぼくが一々こうしたらいいよ、こうしたらやべえよって言うより




この本読め(ドンッ




というのが一番説得力あると思うんです。




でもそれだけだとただTwitterでAmazonのリンク貼ってるのと同じなんですよね。




それにその本の説得力もただ紹介するだけでは薄いでしょう。




この記事の存在意義をどうにかして(こじつけて)作り出したいわけです。







ですので、その本がいかにいい本か、僕や周りの実体験を踏まえながら紹介していく、というスタンスにしようと思います。






まあこの方法が説得力あるかって言われたらまだ全然なんですけどね(ニッコリ)







自分のスペックや結果を証明したらいいんでしょうけどそれは無理ですしねえ……インターネットって難しいですね。









最終的にはステマみたいなことになりますが、本来のこのブログの大きなテーマ「紹介」にも沿いますしね。






早速紹介!と行きたいところですが、このまま紹介してはちょいと記事が長すぎるので次の更新に預けたいと思います。




未来のぼく、がんばれ。



ではこのへんで。




へいとん