しうかつ記事を書きたいけどどうやっても”お前何様だよ”ってなるし、それは回避したいけどどうしたらいいか分からんからとりあえずレビュワーという立場を取りたいと思います。 






みんなああああああああああ!!!!!!!!!!!! 元気かなあああああああ????????????????

ぼくは元気です!!!!なぜなら!!!!!!


自室にクーラーが実装されたから!!!!!!!!!


イヤッッホウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!!!!!! 





さて、改めましてへいとんです。 はい、偉そうに就活について記事を書こうとしています。




しかもシリーズで





ほんとに、…………人のことあれこれ言える立場かと言われたらそうでもないので



まあ、 こういう意見もあるのね。 


というスタンスで受け取っていただけると幸いです。














さて、しうかつ記事の最初のシリーズですが、最初に言っておきます。






ぼくの情報を信じるなんて頭がよわいですよ???




まってまって!!!! まだ!!! まだブラウザ閉じるのは早い!!! 時期尚早!!!(最近覚えた)
もうちょっとまって!!
気を悪くしたなら謝るから!!!!











いや別にぼくがしうかつ記事シリーズで嘘を書く、とか

みんなが不利益になるような情報を書く、とかそんなつもりはありません。





むしろ、これを参考によりよい就活を行って、後悔無く就職活動を終えて、(特に自分の知り合いには)社会人になってもぼくと遊んでほしい、という魂胆があるため、そんなことをするメリットなど全くないです。





でもですね、一つだけ言わせてもらうと














(少なくとも就職活動においては)素性の知れない人の言うことを全面的に信じるのは危険な行為ですよ?








ネットで情報を集める時に、誰が発信してる情報かって非常に真偽を判断するのに大事ですし、ぼくは少なくとも(就職活動については)素性の知れない人です。




ヤバイです。 



もし全面的に信じようとしている人がいたらその人ヤバイです。




でもこの文を書いていて一つ気づいたんですよ。

















僕の立場の方がやばくね?








これから書くしうかつシリーズについてそれなりの説得力を持たせなくちゃならんのにこの立場やばくね???

誰も読む価値ねえじゃん???






かと言って僕も素性を晒すわけにはいけないんですよねえ……


細かに言って万が一特定されたらまずいし。







考えに考えて血が出そうになりながらぼくがだした結論はこちら









ぼくが就職活動について参考にしていた最強の就活本を紹介する。

             ↓


それを実際に行動して、実際に効果が得られた人という立場から実際やってみてどうだったああだったとコメントする。






こういう立場を取りたいと思います。





なんやねんいきなり最強の就活本ってwwwwwwwwwwwww



ってなりますよね、わかります。 




最強wwwwwwwwwwwお前頭悪そうwwwwwwwwwwwww



ってなりますよね、ほっといてくれ。






この最強の就活本はぼくの就活の基本方針にしていたもので、この本がなければぼくの就職活動は180度違っていただろうと断言できるものです。




とりあえずの実績として、この本を勧めて実際に実行した人は、就職活動はそこそこ満足して終わることができた(結果を残している)という事実があります。




ぼくが後輩たちに言いたいことって、まとめたら






そこそこの人から支持をうけてるいい就活本があるよ! この通りにやったらまず大失敗にはならないよ!  




ってことだけなんですよね。







ぼくが一々こうしたらいいよ、こうしたらやべえよって言うより




この本読め(ドンッ




というのが一番説得力あると思うんです。




でもそれだけだとただTwitterでAmazonのリンク貼ってるのと同じなんですよね。




それにその本の説得力もただ紹介するだけでは薄いでしょう。




この記事の存在意義をどうにかして(こじつけて)作り出したいわけです。







ですので、その本がいかにいい本か、僕や周りの実体験を踏まえながら紹介していく、というスタンスにしようと思います。






まあこの方法が説得力あるかって言われたらまだ全然なんですけどね(ニッコリ)







自分のスペックや結果を証明したらいいんでしょうけどそれは無理ですしねえ……インターネットって難しいですね。









最終的にはステマみたいなことになりますが、本来のこのブログの大きなテーマ「紹介」にも沿いますしね。






早速紹介!と行きたいところですが、このまま紹介してはちょいと記事が長すぎるので次の更新に預けたいと思います。




未来のぼく、がんばれ。



ではこのへんで。




へいとん
 

秘密にする